エコキュートの使い勝手や、経済性を考えるとすぐにでもエコキュートを導入したい!と考える方は多いでしょう。でも、エコキュートの導入の大きなネックとなるのが導入に掛かる料金なんですね。一昔前に比べると本体価格も下がってきましたが、それでも一日や二日でよし購入しよう!と簡単に判断できる程価格が安くなったという訳でもありません。私もエコキュートを導入したいけどいまだ出来ていない中の一人で、今現在エコキュート導入資金を貯金しているところなんです。

太陽光発電 電気代

エコキュートの導入が高額になるには訳が有ります。それは、水回りの全てをエコキュート仕様に変えていかないといけないという事が有るからなんですね。温水を使うのは何も浴室だけでは有りませんよね、洗面台でも使いますし、キッチンでも使用します。エコキュートを買って今ある水道管に繋げば良いという問題でもなく、結構大規模な工事が必要になってくるんですね。

I-V測定 - 変換効率を算出する上での測定手段 - - 太陽電池 計測カレッジ - 楽しく学べる知恵袋 | コニカミノルタ

また、エコキュートの導入を考える人を悩ませるのが、オール電化の誘惑です。大規模な工事をするのであればついでにオール電化までしてしまいませんか?と言うのが電気屋さんの策略(笑)なんです。確かに、工事を二度入れるよりはまとめて一度の工事にする事で、工事代金は安くつきます。

モジュール型データセンタ:日立

エコキュートの導入費用に10万~20万上乗せでオール電化の生活が手に入るのであればやっぱり欲が出ますよね。実は私もそんな一人、エコキュート導入費用には目途が付きましたが、今度はランクアップしてオール電化を狙って貯金をしているんです。でも、欲はどんどん出てきます。この貯金生活いつまで続くのやら…